PLAYANDWORK!遊べ…そして働け。今年もやるぜ演説!

未来拓く、みうらひらくです。
津山市議会議員、三浦ひらくです。

昨日帰ったら、また年賀状が届いておりました。あれだけ毎年、政治家や議員は年賀状を出せないよと言っているのに…届いているとしたら基本的に公職選挙法違反(第147条の2)。

いやぁ、人気者はつらいぜ!

…って言いたいところですが実は、元日から全部合わせても20枚もいただいておりません。ただ昨日の年賀状は一味違ったのでご紹介。同封されていたものがありました。それが下の画像。

かつて手袋(軍手)が同封されていた年賀の挨拶など受け取ったことがありませんでした。

受け取ったことがある人いる?

年賀状の当たり前も、こうやって変えていけば良いと思うんですよ。今までと違うスタイルで”おっ!”と思わせて楽しんでもらえるなら、それで良いじゃないですか!

本日の街頭演説では表現の自由の話にも触れました。広く当たり前だと思われている刑法175条だって…その有用性、必要性に大いに疑義があるという内容は、昨年大晦日のコミケ演説で述べた通りです。

刑法175条不要論を展開!大晦日コミケで表現の自由を訴える。

2019-12-31

今日はモザイク不要だってことを話したわけではありませんが…本来守るべき伝統や歴史を守っていくためにこそ、変えなくてはならない悪しき慣習、因習、ルールが存在します。

あたらしいあたりまえをつくろう、というキャッチコピーはあたらしい党を離脱した今でも、ことあるごとに口にさせていただいておりますが…この世界を実際により良くしていくためには、挑戦できる下地を整えていくことが必要で、そこに政治が果たすべき大きな役割があると考えています。

街頭演説と言えば、政治家は白い手袋をはめて手を振るのが常識なのですが…そんなの別に白じゃなくても良いですよね。アイキャッチ画像は演説後のセルフィー。

誰かに動画とか撮ってもらいたかったけどな!

賑やかしてくれるスタッフもおらず淋しい中…せめて友人から頂戴したこの手袋をはめ、今朝は宣言通り街頭演説を行ってきました。

手袋効果もあって、超楽しかったです。

「何かちょっと大きくなった?」

…というショッキングな一言なども頂戴しましたが、毎度ながら寒い中窓を開けての車内からご声援いただいたり、パワーを頂戴しましたので、私自身もノリノリでお話させていただきました。

やはり生で声を届けられる機会はとても大切だと実感できた出来事もありましたので、また近いうちにやります!

…というか、今年は本当に街頭演説ガンガンやっていきます!

飛び込み参加も大歓迎です…何なら手を振っていただくだけではなく、発言してもらってもOK!

マイク握ってみない?

手袋年賀状は先日の同窓会で再会した男からの手紙でした。内容には公開しても良い部分もある気がしますが、私信ゆえ非公開で申し訳ありませんが…センス溢れるつくりでした。

同級生が最高過ぎた!津山高校48期、懐かしメンバーとの再会。

2020-01-04

選挙の際にも気に掛けてくれたり、本当に感謝している多くの同級生の中でも、いつも特に強い刺激をくれる大切な友人です。そして同じ青春を過ごした彼は今、大阪で会社の代表をやっております。

PLAYANDWORKコーポレートサイト

松田公太さんのNo Fun No Gain(楽しみなくして得るものなし)とも被る印象がある素敵な社名。

他にもたくさんいる、ワクワクするようなことをやっている同世代の面々に負けず、彼も面白いことやりまくっていると聞いています。いつか絶対に仕事でご一緒したいと思っている男なのですが…そういえば先日の会では2ショットでの写真を撮っていないので、また改めて紹介します。

俺と同じくらい(?)の超イケメンなので乞うご期待!同級生各位からお叱りの声が聞こえてきそうですので…本日はこのあたりで失礼をば。また明日!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(41歳)。政治を面白くする心意気で、ほぼ毎日ブログ更新中。LINEスタンプにもなった相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。”あたらしいあたりまえ”を切り拓くため、選択肢の多い社会実現を目指して、2019年4月岡山県津山市議会議員に初当選。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。

コメント