インスタフォロー指令!世界一可愛い子の写真を毎日発信…だと?

未来拓く、みうらひらくです。
津山市議会議員、三浦ひらくです。

地域に暮らす全ての住民…あらゆる世代、あらゆる属性の方々のことを考え、行動する。

それが政治に携わる者の役割だと信じています。もちろん、なかなか難しいこともあります。利害関係が対立する人もいれば、世代間格差も厳然と存在し、実際のところ全ての人にメリットがある施策はなかなか存在しないものです。

皆、口先ではあらゆる人のためにって言うけどね。ただし、これだけは全ての人に対してメリットがあると私が自信を持って言えることがあります。

それが情報公開。

政治はどこを向いているのか、議会では何が話し合われているのか、議員たちは一体何をやっているのか…それを明らかにしてくことは、選挙で選ばれた者として、公金ベースで活動している者として、最低限度の職務であり責務であり使命なのです。

何度も何度も繰り返し、当ブログや街頭演説などでも述べてきたことです。それが間違いでなかったこと、正しい方向性…求められている流れだということは、昨今の社会情勢からも確信できているところ。新型コロナウイルス感染症問題への対応で、今や東日本大震災の際を上回るほどに、政治の動向に注目が集まっていると言って良いでしょう。政治への興味、関心を高めてもらうキッカケになりたい。

私が政治を志した原点にはそんな気持ちがありました。本来誰にとっても大切なことを話し合っているはずの議会が、なぜか暮らしから遠いもののように感じられる現状は大問題です。

こうした状況を変えるためにあえて(?)、特異なアプローチを続けている面もあります。

津山市議会議員として活動している今…私が何をやっているのか、少なくとも市民の皆さまには周知していくべく努めなくてはなりません。

そのため三つの方法を継続的に取ると言ってきました。

リアルに対面して生の声を届け、生の声を聞く活動

議会報告会街頭演説個人事務所や市役所議会棟の議員控室などで直接お会いしての相談受付など。

インターネットを介してのオンラインでの活動

当ブログだけでなくFacebookTwitterLINEYouTubeInstagramなどSNSを活用した情報の発信および受信。

活動をまとめた紙媒体の発行、頒布による広報活動

やるやる詐欺で…つい先日まで思いっきり放置していました紙媒体制作。これから少しずつお届けします。

全世界待望の”ひらくマガジン”完成や!お申し込みはお早めに!

2020-04-04

全部やらないと全世代になんて届かない。全部やっても届かない人がいるのが現実です…ただ職務に忠実であろうとするなら、全部やる努力は当然に必要なことだと考えています。

そこで。

今日はアレ。

アカウントだけ作って完全放置しているSNS、Instagramについてです。

そろそろやろうかな、と。

どうしたものか考えていました。他のSNSと同じことやってもあまり意味がないよなと…面白くないしね。

議員メシとか言って食べた物をアップしていこうかとも思いましたが…何のためにやるんや、それなら食べログで十分やんけと思ったり(そもそもニーズがない)。

政治に携わる者として、写真や動画を使って発信した方が好ましいと思えることに使わねば、運用する意味がありません。※Instagramは写真・動画の投稿に特化したSNSです。

そこで閃いたのです。

世界中にファンがいる、世界一可愛い子…くーちゃんの写真を公開していこうと。

当ブログ読者の多くはご存知でしょうが、娘の愛來(あいく・愛称くーちゃん)は約2ヶ月前に亡くなりました。

娘を思ってくださった方へのお礼状。可愛がってくれて、有難う!

2020-04-13

世界と君を少しだけハッピーにするため、誰にでもできる具体策。

2020-03-25

津山市議会議員が本気で語るインフルエンザ脳症撲滅への処方箋。

2020-02-25

愛する人のために。インフルエンザ脳症で娘を失った父親の願い。

2020-02-13

あまりにも可愛過ぎるからでしょう…あの子の写真が写真が見たいと言ってくださる方がしばしばおられます(そもそも病に倒れるまで彼女の姿は非公開でした)。

気持ちは超ワカル。

肉親でなくても写真を見ているだけで癒されるはずだ!

今まで選りすぐりの何枚かを公開してきましたが…そりゃまだまだ、可愛い写真は沢山あります。

そしてインフルエンザ脳症で急逝した彼女のことを当ブログや各種SNSで発信したことにより…同じような悲しい思いを抱えている人や、現在も闘病中の方々あるいはそのご家族などから多くのご連絡を頂戴しています。

あの子が、ある意味でそういった方々の心の拠り所になっているのは確かなようです。

そしてさらに大切なこと。

くーちゃんのことを発信し続けている結果、この2ヶ月少々の間に4人の方から”くーちゃんのおかげで命が助かった!”という連絡をいただきました。

しかも、その内のお二人は娘が亡くなった原因と同じ病…インフルエンザ脳症に罹患した子どもの親御さんからです。たった5歳の小さなあの子が何人もの命を救った。

これからも彼女は命を救い続けていきます…そのための手伝いをすることは、私にしかできないと思っています。

Instagramは、私にとって世界一可愛い子である三浦愛來ちゃんの誕生日…4月17日から始めます。

是非フォローしてやってください。Instagram運用の目的はインフルエンザ脳症の撲滅と適正な救急車の使用、それにより救われる命を増やすことです。

どうぞごひいきに!

ようやくTwitterを少し使い始めたところですが、Instagramも含め…それぞれのSNSの使い方は臨機応変に考えていき、使用目的をハッキリさせていきます。ブログでは総合的な内容を伝えていきますので、今後ともよろしくマお願いします!

本日はこんなところで。また明日!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(42歳)。政治を面白くする心意気でブログやYouTubeで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。

コメント