津山まなびの鉄道館、鶴山公園が無料?読まねば損する広報津山。

未来拓く、みうらひらくです。
津山市議会議員、三浦ひらくです。

今日の”動くひらく”では特別なご案内をさせていただきました!

本日のアイキャッチ画像で手に取っていますのは、津山市の広報紙…広報津山の9月号です。

インターネットでもご覧いただけます!

広報紙のネット公開くらいはハッキリ言って今どき多くの自治体が対応していること。別に自慢になるようなことではありません。また、広報紙には行政の取り組み等を住民に届けるためのセーフティネットとしての役割があります。全世帯に届くように頒布することも…多くの自治体で同じように取り組んでいる施策。

しかし!

今月号の内容は自慢しても良いかもしれない!津山市民限定、期間限定で…超お得な内容を紹介しています!

津山市のシンボル的存在であり、何度も何度も当ブログでも取り上げてきた津山城跡・鶴山公園や…鉄道ファン垂涎、津山まなびの鉄道館などの人気施設…さらに津山市の中でも最も田舎の風情を感じられる趣たっぷりの阿波エリアにある入浴施設、あば温泉などを超お得に楽しめるのです。

期間限定、何と無料…ってマジか?

他にも宿泊料金半額など…様々なお得が用意されています。やばいでしょコレ。行かなきゃ損です…モッタイナイです。そして実は、すでに始まっているサービスなのです。

広報津山2020年9月号より

知ってた?

残念ながらこうした施策のスタートも、知らないという人が圧倒的に多いのが現状だと感じています。これは私の周囲だけではなく…観光業等に勤しんでおられる人たちの声を確認しても、同じ感想を聞きます。

せっかく市民の税金を投入してこうしたサービスを展開しているのであれば、対象となる方…つまり全ての津山市民の元にそのスタートを知らせなくてはなりません。

この機会に、津山の自慢…地域の財産、近過ぎて(まぁ、いつでも行けるかな!)とか(入場料払っていくほどでもないか!)と思っていたあの施設に、お散歩がてら行くことも可能です。

お試しください!そして素晴らしいなココは…という風に感じてくださった場合には、是非…機会があればその魅力を広げていってやっていただきたいですし、その維持のためには入場料等を徴収することも必要であることや、そこには税金が費やされている事実にも思いを馳せてやっていただけると幸いです。

市民の皆さまは津山の魅力を今こそ…満喫・体感していただくチャンス!

広報紙、そして当ブログには読まなきゃ得られないお得情報も載っているのです。皆さまも積極的に情報を取りに行ってください。

今後とも広報津山同様に、みうらひらくブログもよろしくマお願いいたします!

本日はこんなところで。また明日!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(42歳)。政治を面白くする心意気でブログやYouTubeで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。

コメント