津山市議会は議会報告会中止。俺一人でもやる気だがニーズある?

未来拓く、みうらひらくです。
津山市議会議員、三浦ひらくです。

さて…今日は津山市議会では毎度お馴染み…いつも私の言動が物議を醸しがちな(?)議会活性化調査特別委員会が開かれました。その後には以前にも何度か取り上げた議会BCPを策定するための、津山市議会BCP策定検討委員会がありました。

存在しなかったことがヤバい?議会BCP策定までの果てなき道。

2020-06-17

このコロナ禍の中…一刻も早く成立させておかねばならないと上記リンク先記事でも書いていた津山市議会の議会BCPは恐らく、近いうちに策定されることになります!

中心となって進めてくださった委員長や議会事務局の皆さまの骨折りのおかげで、素晴らしいスピードで進んできていると思っています。

これはイイ話!

だけど、今日は(今日も?)残念ながらイイ話ばかりではありませんでした。それぞれ考え方も感じ方も全くと言ってイイほど違うし…様々な属性が異なる上に私自身を含め、この場で自分自身の主義主張こそが最も正しいと思い込んでいる28人の議員が集まっている津山市議会です。

話がスムーズに進まないのはある意味、当たり前のところもあります。

そんなことは織り込み済み。その中で、どうやって少しでも前向きに進めていけるかです。

このところ特によく言っていることですが…全ては白か黒かではありません。100点を取れないなら0点でも仕方がないではダメなのです。そりゃもちろん100点目指して出来るだけの高得点を目指しますが…all-or-nothingではなく、少しでも前進…つまり現状改善させることが私の役目です。

本日の議会活性化調査特別委員会…紛糾した理由の引き金となったテーマはズバリ、議員定数です。

ひらくマサポーターズ事務所にはデータを置いているのですのでまた改めて示そうと思いますが…今、手元にしっかりした資料がないので数字を示すことができなくて申し訳ありません。ただ津山市議会の28人という現在の議員定数が人口規模が同じ程度の他の自治体と比べた時には多いという点は、客観的事実です。

しかし人口規模だけを指標に全てを決めることには私は反対です。

私としては、例えば面積なども考慮すべきだと感じています。

ただ”面積については考慮しない”という旨を、昨年初めてこのテーマについて論じた議会活性化調査特別委員会の場で、複数の議員から私はかなりキツく言われています。

その時は「ふ〜ん、そっすか…そうなんですね…。」くらいのテンションでスゴスゴと引き下がったのですが…もう1年半以上務めさせていただいているわけで、今日は少しだけリミッター解除して(現場にいた皆さま…あれでも私は超絶に気を遣って発言しているのですよ!)言いたいこと…と言うよりは、言うべきことを言わせていただきました。

議会内部を改革、改善することこそ…私が議員となってまず第一に取り組まねばならない課題だと考えて飛び込んだ世界です。

今までの話がどうだったかよりも大切なのは、これから先に本当に望まれている対応が何なのかということです。それがベターだと思われるのであれば…くだらない意地やプライドなど捨てて、一旦決まったことでも臨機応変に見直すことが絶対に必要です。

新型コロナウイルスにも唯一の救いがあるとすれば…今までの因習や悪しき慣例を一気に打ち破るキッカケをくれたことだと思っています。この機会にこそ、私たちは変化しなくてはなりません。変化は急激なものであってはならないと言いますが…処置、対応はできる限り急いだほうがベターであることはあまりにも明らかです。

にもかかわらず、腰が重い人があまりにも多い。

だったらどうする?

皆を動かすのは簡単ではない…それならどうする?

とりあえず、自分が動けばイイ。

私の行動原理はシンプルです。

例えば…今日、新型コロナウイルス感染症の蔓延を言い訳に、津山市民の皆さまと津山市議会議員との意見交換や交流を図るためのイベント…議会報告会の今年度の中止が決定されました。それに伴って代替手段も提案されましたが、私は中止には反対です。

コロナ禍であろうと、やれる形でやればイイ。

zoomなど使えばやれると思いますと言われていた方もおられましたが…それならやればイイだけの話。そもそも以前の会議でも提案はさせていただいておりましたが、zoomなど全く使ったこともないような方もおられますし、タブレットも未だ導入されていない中では難しいというのが結論でした。

なので、やります。

拓やります!誰か他にも協力してくれる議員がいればイイけど…いなけりゃ一人でやりますわ。

まぁ、その方が何も遠慮せずに言いたいことも言えるし楽しいかもしれないな!

計画練りますので、話したいテーマとかあったら是非、ご連絡ください!

zoom使う形でやってみようかなと考え中。

ちなみに議員定数削減あるいは増加のためには条例改正が必要です。パブコメ募集したらイイんじゃないって話も今日出しましたが…とりあえずは流されています。まぁ確かに何じゃコリャって意見しか届かないってリスクは当然ありますから…関係者が悪い想像をしちゃう気持ちも、わからないでもありません。

ただ今の段階でも、私自身にはいつでも何でもご連絡いただいて大丈夫です。

つーか議員定数そして議員報酬については以前にもご意見募集したことがあったのですが…根拠も含めてね、何となくってのはナシよって条件付けたら、いつも多い時には100件とか届くご意見が…全く届きませんでした。

議員報酬は何円が適当?議員定数は何人が適正?本気で考えよう。

2020-07-15

皆さん案外、何となく…多過ぎる気がするってところなのかなと思うけど、よく考えてみていただきたいとは思います。

定数を減らすイコール、多様性が失われる可能性が高いということ。

難しいところです。あと先日津山市内の新型コロナ情報を発信し忘れていたことでお叱りを受けました…失礼しました!

本日は新規感染者が1名確認されました。新たなクラスター認定がありましたが、多くの方からご心配の声をいただいていた津山中央病院のクラスターについては収束したと発表されています。

【重要】 「当院のクラスター収束のご報告」【第13報】(11月17日更新)NEW

昨日11/16(月)、当院にて岡山県新型コロナウィルス感染症対策本部の専門家チームと美作保健所立ち会いの下、直近2週間での新規発生がないことやコロナ対策についての院内調査に基づき、津山中央病院でのクラスターは収束したとのご判断をいただきました。本日11/17(火)に皆様に当院のクラスター収束をご報告いたします。
去る10/19(月)の第一例目の発生以来、入院および外来患者様には大変なご心配とご迷惑をおかけいたしましたことに深くお詫び申し上げます。また、現在コロナ感染で入院しておられます患者様の一日も早いご回復を願い全力を挙げて参る所存です。
また、岡山県保健福祉部ならびに新型コロナウィルス感染症対策岡山県調整本部を始め美作保健所や地域の医療機関の皆様にも多大なるご支援、ご協力を頂戴しましたことに心より感謝申し上げます。
まだまだ、岡山県北の感染状況は予断を許しませんが、この当院でのクラスター収束を受けまして、津山中央病院の診療業務はコロナ対策を万全にすることを皆様にお約束しつつ完全に通常業務を行いますことも合わせご案内申し上げます。
今後とも皆様のご支援、ご鞭撻を何卒よろしくお願い申し上げます。

津山中央病院公式サイトより引用)

公式発表された事実を事実として誇張なく伝えるのは構いませんが…不安を煽るような怪しいネタでなく、安心獲得に繋がるこの種の情報こそ…共有・拡散していただきたいと切に願います。

本日はこんなところで。また明日!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(43歳)。政治を面白くする心意気でブログやYouTubeで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。

コメント