ひらく動く!急いては事を仕損ずる…けど、決断したなら即行動!

未来拓く、みうらひらくです。
津山市議会議員、三浦ひらくです。

昨日のエントリーを受けて、早速色々とご意見をいただいたりしていますが…予想に反して(?)、概ね好意的な声が多くて有難い限りです。

政治では討ち死に≒犬死に。泥臭くても結果にこだわり…生きる!

2021-05-07

津山市の議員が鏡野の観光協会の顧問をしても…ええやないか!

まぁ口先だけの広域連携への苦言と、真の自治体間連携を深めていくことの重要性は、津山市議会議員に当選させていただくはるか以前から何年も言い続けてきていることです。私の発信をご覧くださっている皆さまに対しては特に驚きを与えるような話ではなかったのかもしれませんが…そうでもない向きもやはり当然、厳然と存在します。ある一つの出来事に関して個人がどのように感じるのかは、その人の属性や立場、その時々の体調や精神状態によっても変わるものだということを私は知っていますし…人それぞれ様々な考え方や感じ方があるからこそ、世界は素晴らしいのだとも言えます。

”自分と同じ考え方でなければ敵”だと認定してしまうような考え方は可能性の芽を摘みかねないため、もったいないなぁというのが私の本音ですが…市議会議員が隣町の観光協会の顧問を務めることが気に入らない向きに対しては、それ自体は仕方がないことだと思っています。

ただ、いつもお話させていただいておりますように…観光振興に自治体の枠は、本当はできるだけ持ち込むべきではないと私は信じます。もちろんそうした枠組みによる制限をゼロにすることは様々な意味で難しいのは当然です。しかし何しろご存知のように…多くの観光客の皆さまにとって、自治体の枠などほとんど関係がないことなのです。そんな思いで本日も、当地の観光振興に対してはほとんど同じ思いで取り組んでくださっていると思っている同志(…というにはあまりにもレベチでもっと広い視野をお持ちの方ですが…)、当ブログにも何度もご登場いただいている美作市にある美春閣の女将、永山泉水さんと美作大学を訪れました。

このエリア…と言うよりは、岡山県を代表する観光業界のアイコン的存在である泉水さん。

女将は将軍、議員は戦国武将?集え、地域創造に本気の武将たち!

2021-04-16

先日も少しだけ紹介しましたが…ポジティブマンを自認する元気の塊、三浦ひらくにも負けないほど前向きでフレンドリーな方です。お話をさせていただいた大学の方ともすぐに意気投合され、何その素晴らしいアイデア的企画案がポンポン飛び出し、当初の目的以上の収穫アリの未来への希望いっぱいの時間になった気がしています。まだ詳細を明かせないのがもどかしいくらいに楽しみな…津山市だけではなく、まさしく岡山県北地域の観光振興の希望となるような前向きな話を、沢山することができました。

夜は毎度お馴染みのPublabのオンラインセミナーがあり、津山市でも進められたら多くの人に喜んでもらえるのではないかと思えた上に、これから先ますます進んでいく少子高齢化社会の中で…地域課題を解決あるいは現状改善していくための大きなヒントになるような話が伺えました。

ご講話いただいた買い物ボランティアマッチングサービス「えんじょるの」の代表である美齊津康弘さんは、全国あらゆる地域で応用可能ではないかと思えるような試みを、実際に2年間運用されているとのことでした。

ただ地域事情によってそのもたらす効果は大きく異なるのではないかと感じる面もあり…津山市にそのまま落とし込むことは、ある意味では当然ながら簡単ではないと思えました。しかし、こうしたアプローチは当地においても今後必要となってくるものであると確信できる内容だったため…今夜は同僚議員も参加してくれていましたので、相談しながら丁寧に進めていきたいなと考えているところです。正直本当は早くトライしてみたいのですが急いては事を仕損ずるとも言います。

とりあえずやってみようぜ派の私ですが…目先のことだけではなく先を見据えて判断せねばと…少し落ち着いて考えられるくらいには大人になれたような気がする今日この頃。

今月で43歳になるんだから当たり前だけどなッ!

昼間と夜は全く違う方々と、全く違う話題について話をしたわけですが…根幹は同じことだと思っているのです。

本日はこんなところで。また明日!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(43歳)。政治を面白くする心意気でブログやYouTubeで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。

コメント