広報津山を読んで、つやま和牛のバーベキューセットを当てよう!

未来拓く、みうらひらくです。
津山市議会議員、三浦ひらくです。

本日は10時から開催された津山市議会の広報調査特別委員会に、オブザーバー参加させていただきました。津山市議会には現在三つの特別委員会があり、私は議会活性化調査特別委員会に所属しています。また高等教育機関のあり方調査特別委員会は、今回の改選で5月に出来たばかりの新しい委員会です。

それぞれ8人で構成されているのは、8つの会派から一人ずつ代表を出す形にしているからです。

委員会 広報調査特別委員会
定数 8人
委員長 吉田耕造
副委員長 勝浦正樹
委員
(50音順)
安東伸昭
岡田康弘
岡安謙典
竹内靖人
中村聖二郎
村田隆男
所管事務 市議会広報、広報紙の編集方針・編集内容等についての調査研究

 

委員会 議会活性化調査特別委員会
定数 8人
委員長 松本義隆
副委員長 村上祐二
委員
(50音順)
河本英敏
西野修平
広谷桂子
美見みち子
三浦ひらく
森岡和雄
所管事務 議会活性化に関わる諸問題についての調査研究

 

委員会 高等教育機関のあり方調査特別委員会
定数 8人
委員長 政岡哲弘
副委員長 金田稔久
委員
(50音順)
河村美典
田口浩二
中村聖二郎
原行則
松本義隆
吉田耕造
所管事務 高等教育機関のあり方等についての調査研究

議員間討議を活発に行っていくことや議会を身近に感じさせる取り組みの実現をはじめ、議会そのものの改革を強く訴えて当選させていただいた私にとって、今回の特別委員会の選択は非常に悩ましくもありましたが…それでもやはり前期に引き続き、津山市議会を、より市民の皆様が望むような姿に改善していくために尽力することがまずは肝要だと考えて、先日も少し触れたように議会活性化調査特別委員会を選びました。

議員定数どうなる?議員報酬どうする?全ての行方は議員会議へ!

2021-06-23

ただ毎日のブログ更新をはじめ…情報発信に尽力してきており、津山市当局の施策に対しても一家言ある私ですので…もちろん津山市議会の広報部門を担っている広報調査特別委員会にも強く惹かれてはいるのです。

そんな私にとって、今日は大変有難い時間でした。

開かれた市議会を目指して様々な取り組みを進めている津山市議会では、本会議のYouTube中継や録画配信(個人的には委員会の配信も目標!)などに加え、議会だより「みんちゃい」も先だって100号記念号を発刊(最新刊は101号)するなど、精力的に発信手段の充実を図り、市政をより身近なものとして感じていただくために努めているところなのです。

委員長や委員の皆さまのご厚意で、表紙の写真選定や読者プレゼントの抽選にも参加させていただくなど…勉強させていただけただけでなく、オブザーバーにもかかわらず色々と参加させていただきました。今後ますますパワーアップしていく予定の、津山市議会の広報については…乞うご期待です!

そして議会だより「みんちゃい」は、本来すべての市民の皆さまにとって大切な情報が掲載されているハズの議会情報のセーフティネットです。だからこそ毎回、津山市の広報紙である広報津山に折り込まれる形で市内全戸へと配布されているわけなのです。

そしてもちろん、市民に対しての津山市政の必要最低限の情報がすべて詰め込まれた広報紙、広報津山も、市民にとっては情報受信の最後の砦と言えるものです。

その広報津山がこの度、通算で800号になるというメモリアルな記念号を発刊しました。

大切な情報が掲載されていることはもちろんですが…本日の標題でも案内した豪華プレゼント企画もあります。以前にも触れたように、意外にお得な情報なども満載ですので…毎号必見ですよ!

津山まなびの鉄道館、鶴山公園が無料?読まねば損する広報津山。

2020-08-26

そもそも発行にも税金が費やされているわけで…超ザックリ言えば毎月100円程度は広報紙に支払っている計算になるので、読まなきゃ損でしょ!また本日7月6日から…昭和30年1月に、タブロイド版の両面刷り1枚(新聞紙をイメージしていただくとわかりやすいかな?)の”廣報つやま”として創刊号が発刊されて以来の、津山市の広報紙の歴史を振り返ることができる記念展示を、市役所1F市民ロビーにて7月6日〜16日まで開催中なのです!

行く暇がないんだよね…って方も、津山市公式サイトでも紹介されていますので、是非ご確認ください!

市民ロビーでは、市内三つの園の年長組の子どもたちが交通安全祈願の思いや願いを込めた多くの短冊で飾られた、七夕の笹も展示されていました。

実は個人的な要件で、市民窓口課にて手続きをさせていただいたのですが…その間にパシャリとさせていただいた写真たちです。この市民ロビーではいつも様々な展示等が行われており、待ち時間が短く感じられる効果もあるこうした工夫は、皆が嬉しい気持ちになれて有難く思うところです。

今回は番号札をいただいて呼ばれるシステムでしたが、10月からのデジタルサイネージを用いた番号案内装置の導入に向けて現在、準備を進めてくださっているとの答弁を6月議会で頂戴しています。

楽しみですね!

この件は私のところに届いているだけでも相当な数のリクエストがありました。

より良い市民サービスの提供に向けて、津山市も動いてくれています!

そしてもちろん、これから先も…できる限り市民サービスを向上させていくために津山市も、津山市議会議員である私自身も尽力していきます。

昨日も触れたように、まずは声を届けていただくことから…その第一歩から改善がスタートすることが確実にあります!

戦わなければ勝てない。いつだって最初の一歩は声を上げること。

2021-07-05

市議会の場に皆さまに送り出していただいてから2年少々…実際に、小さいながらも成果と呼べるような体験を積み重ねてきて、そう確信しているからこそ、議会の内でも外でも…ときにはダメ元と思っていても、私は必要だと感じた際には声を上げるのです。

ところで今一度アイキャッチ画像を確認してほしいのだが…このつやま和牛のBBQセット…提供元は6月議会でも物議を醸しまくった地域商社、株式会社曲辰ですがな!

ま、どなたさまであれ…ご応募いただくのは自由!

本日はこんなところで。また明日!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(43歳)。政治を面白くする心意気でブログやYouTubeで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。

コメント