津山市長に疑惑…だと?注視しつつ本当に今すべき発言をします!

未来拓く、みうらひらくです。
津山市議会議員、三浦ひらくです。

さて、本日8月30日から津山市議会9月定例会が始まりました。

10時からの全員協議会では一部の面々がヒートアップする場面もあり、11時に始まった本会議もなかなか雲行きが怪しい幕開けだったような気がしないでもありませんが…ともかく、31日〜9月5日までは早速休会となり、この間に質問と答弁の協議を積み重ねて…来週からの質問戦が始まるわけです。

ちなみに議会のスタートで揉めた理由はこの記事です。

太陽光発電事業で贈収賄疑惑。“地元のドン”に振り込まれた5000万円、市長への高額接待も

全員協議会の冒頭には毎回、市長から挨拶があります。今回は挨拶の中で…市長みずからこの件に最初に触れられ、あたかも接待を受けて便宜を図ったかのように表現された記事で、現在弁護士と法的措置を含めた対応を検討中である…と述べられました。

納得がいった議員もいれば、いかない議員もいたようでした…だからこそ少し揉めたのです。この件について一般質問等で取り上げられるつもりの議員もおられるようでしたが、私自身は注視していきたいと思っています。

何しろ記事を読んでみても、現時点では市長が不正に関与したという証拠は何ら示されておらず、疑惑が書かれている(しかも記事中では明確に否定されている)のみです。何かを判断するに足る材料があまりにも不足していることは明白です。本人が事実無根だと言われ、対応も協議している最中だとのことなので…今の段階であーだこーだ言っても仕方がない印象があります。

ので!

少なくとも今の時点では明らかにそれよりも優先すべきだと思う内容に、私の貴重な30分の持ち時間は使わせていただきます。すでに当初質問(登壇して読み上げる最初の質問)の原稿は担当部局へ送ったところで…本日夕刻には質問戦の発言順および通告内容(あらかじめ伝えておく質問内容の概要)が発表されました。

私は2日目のトップを希望したのですが…4番手。

時間帯は読めないけど確実に午後からになります。昨日のエントリーにも書いた通りですが…世界一わかりやすく、そして世界一ポジティブで建設的かつエキサイティングな質問を披露しますので、乞うご期待!

ところで今夜は…これは一昨日のエントリーで紹介した”ダイバーシティ&インクルージョンな街づくり~多様性を尊重する社会の推進/LGBTQ関連事業について〜”と題されたオンラインセミナーでした。今日はもはや長々と感想を書いている時間帯もガッツも残っていないのが正直なところなのですが…非常に素晴らしい内容でした!

今回は一般にも公開でどなたさまでもご参加可能な企画内容でした。友人が申し込んでくれていたことを終わってから知って…非常に嬉しかったです。

本日はこんなところで。また明日!

Pocket
LINEで送る

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年生まれ(44歳)。政治を面白くする心意気でブログやSNSで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。臓器提供意思表示推奨。

コメント