決算議会始まるよ!619億1170万円は何にどう使われたか?

未来拓く、みうらひらくです。
津山市議会議員、三浦ひらくです。

今日は久々に移動シーンも多いハードな1日になりました。朝から議会棟に赴き、昼には津山市内を車を飛ばして西へ東へ…そしてまた市役所に戻って、夕刻からはまた別の予定…ってな感じ。その割には様々な大人の事情(?)や高度に政治的な事情(?)があって内容をあまりオープンにできないのが残念なところですが…そろそろ少し目蓋を閉じたい欲求が高まってきました(ただいま午前2時)。お互いオジさんになったよな的な、高校生の頃の自分が聞いたらブッ飛ばされそうなダサい台詞を、高校の先輩と交わした本日…しかしまだ終わっていません。

つか、終われません!実は昨日の内に仕上げてしまおうと考えていた決算質疑の内容が結局固めきれずにいたので…そこをとりあえず最優先で仕上げねばなりません(ただ会派ツヤマノチカラの3人である程度分担というか、内容が重ならないように調整できたのは本日の収穫)し…他にも、明朝までが締め切りの仕事が幾つか残っています…なかなか明日も忙しくなりそうな予感がしています。

何しろ、明日22日は津山市議会の公式の予定が入っています。

10時から議会運営委員会、11時から全員協議会、そして13時からの本会議では決算議案の上程等が予定されています。明日上程される令和2年度の決算議案内容について精査する決算質疑が1週間後の29日に行われた後、それぞれ4つの常任委員会へと付託され、10月に決算委員会が開催され、12月定例会開会初日に原案の通り認定するか否かの採決を行う予定になっています。

3度目の決算議会になりますが、決算なんて終わったことなんだからあーだこーだ言っても仕方ないんだから質問するな、時間の無駄だ…と言い切っちゃう方も中にはいるとかいないとかって話で、これは昨年度の話を今さら審査しても意味がないという極論ですが、私は決してそうではなく…決算内容の精査は非常に大切な過程だと考えています。

本市の施策について昨年と一昨年の決算議会で尋ねたことも生かしつつ(つまり咋年度の内容だけを問題にするのではなく、比較することで複数年度にわたる効果測定なども行いながら)、費用対効果の検証や、この先にどのように繋げていく考えでいるのか…そのあたりを可能な限り掘り下げていきます。

ちなみに本日のアイキャッチ画像は、昨年撮影したものですが…初めての決算議会でお願いさせていただいた決算書のネット公開、そして予算書のネット公開が実現した際に撮影した良い顔の一枚です。

あとタイトルの619億1170万円は令和2年度の一般会計歳入or歳出の総額、要するに津山市が昨年度使ったお金ってイメージであげた金額。これ以外にも保険等に絡む特別会計ってものなどもありますが…その辺にも言及すると長くなるので興味がある人はググってくれとGoogle先生に投げておきます。私の質疑の中では一般会計についてしか触れるつもりがありません。

もちろん今回も、しっかり住民生活の改善に結び付けられるような質疑を用意します!

というわけで、今から質問を作らねば…本日はこんなところで。また明日!

Pocket
LINEで送る

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(43歳)。政治を面白くする心意気でブログやYouTubeで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。

コメント