首相の新型コロナ感染を叩くのは自由だが、撃っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけだって話。

未来拓く、みうらひらくです。
津山市議会議員、三浦ひらくです。

岸田文雄首相、新型コロナに感染!

まぁこの件が本日の大きなニュースになるのは当然だとは思うわけですが…今さら言うまでもなく、内閣総理大臣であろうと近所のオバちゃんであろうと、もちろん私自身もアナタ自身も、そしてアナタや私の大切な誰かが何歳の誰であろうとも、新型コロナウイルス感染症には感染する可能性があるわけです。

岸田首相が新型コロナに感染:ネットでの心ない言葉:有名人の病と私たちの反応

ねぇ、わかってて叩いてる?

首相なんて仕事上、感染リスクは極めて高いと言えるのではないでしょうか。非常に沢山の人たちと出会う機会があり、どう考えても超絶忙しい立場です…そこは日本一って言っても過言ではないレベルなんじゃないかな。岸田さんの場合、ハッキリ言って65歳って年齢を考えても別に若いわけではないんだから、抵抗力も免疫力も高いとは言えないでしょうしね…少なくとも私たちとは全く異なる忙しさと重圧の中にいて、肉体的には当然だけど精神的にもキツいだろうし。

つまり、そりゃ感染することもあるだろうさって話。

表現の自由を守るための活動に力を入れている私としては、言いたいことは言えば良いと思っています。基本的には全ての表現の発露は自由…誰が何を言おうとそれが誰かの法益や権利、自由を侵害しない限りは尊重されるべきだと考えています。

ただ、自分自身の発露した表現には責任を持たねばなりません。

しばしば誤解されている方も見受けられます。当たり前っちゃ当たり前なんだけど…大切なことなので、それでも敢えて改めて基本的なことを言っておきましょう。

表現の自由とは決して、何を言っても許される…って意味ではないのです。

政治家・議員は言葉が命なんて表現もあります。

発する情報の表現に気を配ることは大切ですが…政治に携わる者として内容についてもしっかりと間違いないよう、気を付けて発信していきたいものです。

これあたりは本当にあまりにも酷かった…。

エビデンスなく思い込み、お気持ちベースで話したらダメよ…。

あと、特にネットだとついつい顔が見えないことで勘違いしちゃう人も出てきちゃうんでしょうが…「撃っていいのは撃たれる覚悟のある奴だけだ」とも思うわけです。

叩かれる覚悟持って叩いてる?

アイキャッチ画像は、津山城下町〜文太がゆく〜のワンシーンより…シベリア文太さん。

文太さんが構えているのは当然オモチャのピストル、映画の中の設定においてもオモチャの拳銃なのですが…そう見えない人もいるわけで、実際色んな感想を持つ人がおられるわけです。

ま、アタシャそれ自体は良いことだと思うけどねッ!

本日はこんなところで。また明日!

Pocket
LINEで送る

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年生まれ(44歳)。政治を面白くする心意気でブログやSNSで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。臓器提供意思表示推奨。

コメント