政治とカネ。タブーが多過ぎる非常識ワールドにメスを入れる、政治資金問題についての考察。

未来拓く、みうらひらくです。

人間誰しも楽をしたがる。

東京都知事じゃなくとも、自由に使って良いお金があれば使いたくなるのは当然です。

しかし辞職表明されたら凄い勢いで報道も冷めましたね…未だ疑惑は疑惑のままなのですが。

siiin

要するに問題は使い方。

舛添さんのお金の使い方は、率直に言って完全にナシでしたが…問題視されていた全てが法的にアウトだったかといえば、答えはノーです。

しかし”違法ではないが、一部不適切”って表現も何だかなぁ。

色々と応用が利くフレーズを生み出すことにかけては、政治家は最強かもしれませんね…結構マジで。

”新しい判断”の方が個人的にはヒットしたんだけどネ。

tehepero

とにかく政治資金の不正使用は許されません!!

今回のケースで、かなり多くの方々に驚きを持って受け止められたと思うのが、その自由な用途

理屈としては、政治活動に絡む一切の費用は政治資金として計上可能!!

それが政治活動に必要なものであると認められれば、美術品を購入しても何の問題もありません!!

当然プライベートな支出であればアウトですけど。

”政治資金”なのですから、当然ながら政治に関係ないことに使うのは…ダメ、絶対!!

ikari

問題は…誰がそれを政治資金であると認めるかってこと。

政治家個人だけが認めているような状況だと…”違法ではないが不適切”ってことになるのかもしれません。

たとえ法的にセーフ(しかし限りなく黒に近く見えるグレー)でも、道義的にどうなのよって風潮を甘く見て無視した結果…舛添さんは辞任せざるを得なくなったと言えます。

公職選挙法にしても、政治資金規正法にしても…時代にマッチしていない点は少なくありません。

舛添さんの一件を受け、法改正して規制強化し、政治資金の使い道を制限しよう…という意見も見聞きします。

しかし、それは悪手

そんな面倒なこと(改正まで超絶に時間が掛かった上に、中途半端なものになることは目に見えている)しなくても良いのです!!

政治資金の使い道を、しっかり公開すればいいだけ!!

appare

徹底的にクリアにする、ただそれだけ…簡単。

おかしなことをやっているから、後ろめたさゆえに隠して問題になる。

こうした問題は、絶対になくなりません!!

なくせずとも、悪いヤツを見破る術はある。

 

mieru

正々堂々と公開出来ない時点でアウト。

アウトな人物は選挙で審判し、退場願うべき。

ま…残念ながらそれが難しかったりするのが現実なのだが。

それではまた明日!!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(41歳)。
大学進学を言い訳にミュージシャンを夢見て上京し、東日本大震災を機に政治を志し帰津。2015年津山市議会議員選挙に出馬。しがらみのない政治の実現を目指し挑むも次点にて落選。その後岡山県鏡野町にて自治体の魅力発信や交流人口増加のための事業に携わる。2018年末よりあたらしい党に参加し、郷土の未来を切り拓かんと奮闘中!

コメント