世界つかみ取り!投票無料を謳い、買収に必要なコストを考える。

未来拓く、みうらひらくです。
辛いもの好き、みうらひらくです。

つらいものじゃなくて…からいものね。

つらいのは嫌いだわ、さすがの俺でも。辛いもの食べてたらハゲるとかってのも別にあまり関係ないみたいだしね。岡山県鏡野町の特産品である姫とうがらしを大量にいただいた。この前、コスプレしていた現物だ。

平成最後のオシャレ番長が提案する、あまりにも有効なPR手段。

2018-11-05

オリジナルの辛味噌を作った。

まぁこーゆー自作調味料みたいな怪しい品をしばしば作るんだが…コレが超美味しいのよね。自分でも天才じゃないのって思える仕上がり。

何度でも言うけど、俺がお店やったらマジ流行るで。

おすそ分けしても好評なので、いつか我らが党首である東京都議会議員の音喜多駿さんのようにクラウドファンディングでもやることがあれば…リターン品として用意しようかしら。

食品は無理か…しかも手作りって。

上の画像をクリックしていただければクラウドファンディング詳細ページに飛びます。

応援するなら…金くれる?乗るしかない、このビッグウェーブに!

2018-09-10

当ブログでも繰り返し紹介したこの企画に、読者の方がどれだけ賛同してくださったのかは把握はできないが…結果として1,200万円近い金額を調達し、パトロン(プロジェクトに賛同し、支援してくださった方)は1,000人を超えるという、数字の上でも区切りの良い目標をクリアして、大成功と言える結果だったのではないかと感じています。

まぁ今日はその話じゃない。姫とうがらしの話だったな。

姫とうがらしのつかみ取りをやりたい人、あんまいない?

この前大量に並んでいるとうがらしの山を見て思いついたんだけど…つかみ取りって楽しいよね。魚のつかみ取りも楽しいけど、とうがらしは逃げないじゃん。誰でも出来るしさ。

ある程度小さく握らないと手が抜けないような、小さめの口を開けた箱を用意して、手がデカいからって有利だとは言えない条件を作り出し…つかみ取り。

最も多くの姫とうがらしをつかみ取った人がチャンピオンだ。

全日本〇〇選手権ってネーミングにしたいところだけど、一発では思いつかないな。

取り放題とか、飲み放題とか食べ放題とか…朝食無料とかランチ付きとか、夕食サービスとか…まるでそのサービスが0円で受けられるかのような錯覚を覚えてしまうネーミングってのは、使えるよね実際。

本当は確実に最初から包括されているわけだけど…特別に用意しました的な情報出しの仕方をすることでユーザーにお得感を持ってもらう。

選挙も”投票無料”って謳っちゃえば良いんじゃないか?無料も何も…実際は投票しないことで極めて損してるってこと、気付いていない人が多過ぎるからね。

投票に行かないなんて、超もったいない!!あなたの一票のお値段を考えてみませんか??

2016-01-27

ブログを書き始めたばかりの頃、こんなエントリーを書いていた。

買収に興味がある人必読やで!

カライとツライの読み方がなぜ同じなのかを調べ考えるよりも、こっちのテーマの方が俺はよっぽど大問題だと考えておりますYO!

本日はこんなところで。また明日!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(41歳)。
大学進学を言い訳にミュージシャンを夢見て上京し、東日本大震災を機に政治を志し帰津。2015年津山市議会議員選挙に出馬。しがらみのない政治の実現を目指し挑むも次点にて落選。その後岡山県鏡野町にて自治体の魅力発信や交流人口増加のための事業に携わる。2018年末よりあたらしい党に参加し、郷土の未来を切り拓かんと奮闘中!

コメント