小さくてもまずは始める。協力してくださる方全てに感謝を込めて。

未来拓く、みうらひらくです。
会いたい人には会いに行きます、みうらひらくです。

ただ、先方の都合を無視して押しかけても迷惑でしかない。自分自身のところにいきなり見知らぬ誰かが「会いたかったんです!」と来た場合を想像してみたら明確にわかることで、迷惑どころか、恐怖でしかないとは以前も書いた通りです。

昨日はSNSでは繋がりがあるものの、初めてお会いする方とお話する機会に恵まれました。

以前から何だか面白そうな人がいるって認識は持っており興味はあったものの、正直”何となく”近寄りがたいイメージを抱いていた方でした。しかし”何となく”なんて根拠の薄いものは置いておいて、動いてみることの大切さを実感した時間でした。

まぁコレ結果が逆だったら”何となく”を信じておくべきだったって思っちゃったでしょうけど…結果オーライ!私自身にとっては凄まじく刺激的で楽しい時間でした。

最近あたらしく素晴らしい出会いが続き、津山市には、この地域にはまだまだこうした自分が会ったこともない魅力的な人たちがいるのだということを改めて実感しております。

そうした素晴らしい人たちのことを知ってもらいたい…それが地域の価値を上げることに直結すると思うからです。

出張版笑っていいとも?みうらひらくがゲストの元を訪れトーク!

2019-02-10

話の流れ次第では、上記のエントリーでもご案内した妄想計画への出演依頼をさせていただこうと企んでいました。

果たして会って数分しか話していない段階で、結構ガッチリと心を掴まれましたので…記念すべき第1回の登場ゲストになっていただくべくお願いさせていただきました。

結果、いきなりの申し出にもかかわらずインタビューブログへの出演を快諾していただいたので、近いうちに発表させていただきます!

やると言ったらやる気でおりましたが…出演してくださる人がいないと始まりません。かと言って身内で回していても何それ感しかない。お忙しい中、私だけのためにお時間を作ってくださり、不躾なリクエストにも応えてくださった津山の宝の一人には感謝しかありません。

乞うご期待!

ところで。

私の所属するあたらしい党の代表を務める東京都議会議員おときた駿さんは、元祖ブロガー議員として、我々世代で政治に関わっているなら知らぬ者はいないであろうレベルに発信力のある方です。

そのおときたブログにおける人気企画(?)の一つ、おときた駿のあの人に逢いたいに負けないように、私も精進していこうと思っているのです。

AV界の伝説のお一人である小室友里さんとの回の印象が強過ぎましたが…。

改めて見てみたらこの党首、女性としか会ってないやんけ!

うらやまs…

ちなみに第1回ゲストは男性の予定ですが、女性であってもXジェンダーであっても、どなたでも私は大歓迎です。未成年の方の場合は保護者の方の許可が必要でしょうが…そう言えば、まだ企画タイトルすら考えていなかった。

ひらくマが行く…ひらくマがイク…ひらくマイク…ダメだ思いつかない。

良い案がありますかね?

あたらしい挑戦には困難はつきものですが、挑戦なくして成長なし!現状維持すら、挑戦なくしては不可能です。これからも失敗を恐れることなくガンガン攻めていきます!

本日はこんなところで。また明日!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(41歳)。
大学進学を言い訳にミュージシャンを夢見て上京し、東日本大震災を機に政治を志し帰津。2015年津山市議会議員選挙に出馬。しがらみのない政治の実現を目指し挑むも次点にて落選。その後岡山県鏡野町にて自治体の魅力発信や交流人口増加のための事業に携わる。2018年末よりあたらしい党に参加し、郷土の未来を切り拓かんと奮闘中!

コメント