負けたことがあるというのがいつか、大きな財産になる…か否か?

未来拓く、みうらひらくです。
4年前と同じ挑戦をしようとしている、みうらひらくです。

それは長かったようでいて、あっという間でもありました。W杯もオリンピックも4年ごと。様々な場で言われることですが、4年間の積み重ねが試される戦いはすでに始まっているのは当然のことです。

3年以上ほぼ毎日更新を続けてきている当ブログは時に失敗しつつも積み重ねた一つでありますが、情報発信を続けることの大切さを信じるみずからへの課題でもあります。

始めたばかりの時期に好きな漫画について書いたことがありました。

お金を稼ぐこと、好きなことを仕事にすることの難しさを考えていたら…好きな漫画の話になった話。

2016-01-19

ちょっと改めて今読むと…この人は何を書いているんだ感満載ですな。

本日標題に持ってきたフレーズ”負けたことがあるというのがいつか、大きな財産になる”は、中学校&高校とバスケットボール部所属だったこともあり大好きだったスラムダンクという漫画に出てくるセリフです。

負けたことを財産とできるか否かは、その後の努力次第。

この4年間にみうらひらくに関わってくださった皆さまのおかげで、今の自分自身は財産を得ることができたと胸を張れるような時間を過ごすことはできたかもしれません。

ですが、その時間を本当に財産として活用していくことができるか否かは、あくまでもこの先にかかっています。

そしてそのために、これからも全力で動いていきます。

昨日は”眉毛が細過ぎ、うさんくさい!”との超絶どストレートな豪速球をいただきました。

どのようなご意見であれ、耳をふさぐことはいたしません。

ってかコレ、普通に事実だしな。

一応改めて書いておくと…かつての過ちのせいで、もはや眉毛は生えないのです。描いてもな…ってのもあって完全放置であります。

(どちらかと言えば眉毛より髪の毛が欲しい。)

…てなわけで今日も朝から大忙し、本日は簡潔ながらこんなところで。

これから先、少しずつブログに割ける時間も短くしていかざるを得ない状況になりますが、発信は続けます。

皆さま今日も元気で充実した一日を…また明日!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(41歳)。政治を面白くする心意気で、ほぼ毎日ブログ更新中。LINEスタンプにもなった相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。”あたらしいあたりまえ”を切り拓くため、選択肢の多い社会実現を目指して、2019年4月岡山県津山市議会議員に初当選。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。

コメント