津山市では現在、新型コロナウイルスの感染報告はありませんぜ!

未来拓く、みうらひらくです。
津山市議会議員、三浦ひらくです。

今日は市役所議会棟で、3月議会の一般質問の準備をしておりました。

今回、私の一般質問は3月5日の2番手です。

恐らく10時半過ぎ〜45分位からになるのではないかなと思っております。

ちなみに津山市では…昨今の報道で日本中どころか世界中を騒がせている、新型コロナウイルスの感染者が出たとか出ていないとかって怪情報が飛び交っているそうです。

学校現場などでも子どもたちが様々な噂話をしまくっているとの話を、何十人もの市民の方々から聞きました。皆さまが不安を覚える気持ちは痛いほどわかります。

そこでハッキリさせておきます!

少なくとも現時点では、感染者が出ているとの報告はありません。

Twitterで報告した通り、本日16時半から市長を本部長とする対策会議(第3回)が行われました。

議員は私ともう1人だけ。

2度目は私だけでしたし…初回は私も行けなかったのですが2人しか参加していなかったそう。

隠しているんじゃない?

本当はもっとヤバい状態なんじゃない?

疑心暗鬼に陥ってしまう気持ちはわからなくもありません。これだけ国全体…社会全体が不安に包まれていると、行政などに不信感を覚えられるのはある意味では当然のことかもしれません。

しかもかつてないレベルで感染症に対する不安が高まっている中。ただでさえ目に見えないウイルス…しかも新型でどんなものかわからない。

どうしろと言うのか。

お子さまがいる家庭や高齢の方などが特に不安を覚えるお気持ちはわかりますが、努めて冷静であろうとしてください。

お子さまたちのためにも、間違った情報や出所のはっきりしない怪しい情報…悪意が巧妙に込められたデマ等を信じてはなりません。

公人の立場、津山市議会議員として責任を持って申し上げますが、行政サイドの公式情報などソース…出どころが明らかな情報を信用するようにしていただき、又聞きのような噂話には惑わされないことが精神衛生の観点からいっても好ましいと考えます。

今の私にできることは公の情報を信用し、その発信を受け止めてくださいと伝えること。私は津山市の現状の発信内容については十分ではないと感じていますので改善に努めていきますが…個人が容易に情報を発信することができる時代だからこそ、誤った情報が拡散する危険性も高く、場合によってはそれが本来必要なかった悲劇に繋がることすら考えられます。

こういう非常時にこそ、素人意見に踊らされることがないように冷静に判断せねば、場合によっては命の危険すら生じるという話は、娘の件を経たのちにも何度もお伝えしようとしてきたことです。

津山市議会議員が本気で語るインフルエンザ脳症撲滅への処方箋。

2020-02-25

どうか落ち着いて。

なるべく普段通りの生活を続けられるように(できない事情が次々と出てきていることも承知していますが…)、努力しましょう!私たちのように議会の場で津山市政に直接携わる人間は、市民の皆さまが不安なく暮らしていけるように、そして平穏な日常を取り戻すことができるように…全力で努めてまいります。

そのために努力しないような人間は、政治には携わるべきではありません。

さらに精進していきます。正確かつスピーディーな発信をしていきますのでTwitterも是非フォローしてやってください。

有難うございました。

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(42歳)。政治を面白くする心意気でブログやYouTubeで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。

コメント