津山広域事務組合議会。地域サミットの如き場を生かさぬ不思議。

未来拓く、みうらひらくです。
津山市議会議員、三浦ひらくです。

さて、本日は津山広域事務組合議会の定例会が開かれました。

津山市だけではなく、周辺の五つの町(鏡野町、勝央町、奈義町、久米南町、美咲町)の首長そして各町から選出された議員が津山市役所に集い、一市五町の共通の課題である地域振興、雇用労働対策などの事業について話し合うという”本来は極めて貴重で大切な場”だと思っています。

津山広域事務組合規約

津山市長&副市長だけでなく、津山圏域定住自立圏を構成する全ての自治体の長が集う場なのです。以前も同じ表現を使った気がするけど…この地域のサミットのようなものと言っちゃっても過言ではあるまいよ。

然るに。

全然機能していない気がするんですよねぇ…マジな話。せっかく各自治体の首脳が集まる機会なのに…あまりにもったいない時間になっている印象を受けています。

実は今回は他自治体の議員とも少し相談した上で一石を投じる作戦も練っていたのですが…正直、あまりに準備が足りませんでした。パフォーマンスで終わっては意味がないので、また次回以降の定例会でしっかりと成果に繋げられるような準備を積み重ねていきます。

当ブログをはじめ各所で事あるごとに…それこそ議員にならせていただく前から、ず〜っと言い続けていますけども…。

これから先、岡山県北部における広域連携はマジで今まで以上に重要になり続けていきますからね!

津山市のことを本気で考えるのであれば、津山市のことだけを考えるわけにはいかないのです。

アイキャッチ画像を見ただけでおわかりの方もおられるかもしれませんが…今夜も、運営に携わらせていただいている毎度お馴染みのオンラインセミナーが開かれました。今夜は珍しく…ってか多分初めての自宅からの参加でしたが、バーチャル背景のおかげ(何かちょっと見えちゃってるけども!)で、ネット環境さえ整っていれば…どこからでもこうした会に参加できるのは本当に有難いこと。

今回も超絶に素晴らしい…板橋区議会議員、南雲由子さんによるグラレコ。これを見るだけでも今回のセミナー内容がどういうものだったか、ある程度イメージしていただけると思います。

それにしても、こうしてネットの恩恵に与るたびに…津山市の施策はどこを向いているんだってなる部分もあるんですよね。津山市もそうだけど、特にこの件については津山市教育委員会がね…。

俺は山田太郎の想像を超える結果を出す!津山市から日本を守る!

2021-02-11

山田太郎のさんちゃんねる出演!津山市ネット規制にQBK発言?

2021-02-10

津山市教育委員会はヤバいのか?スマホ・ゲーム規制は正しいか?

2021-02-06

このところ何度も当ブログでも取り上げてきている本市のネット・スマホ・ゲームの規制を進めていこうとする不適切な流れについて…当初から3月議会で取り上げるつもりではいましたが、正直なところ…他にもいっぱい質したいことがあるから、メインってつもりではなかったのです。

でも、メインに持って来ざるを得ない。

かなりの時間を割いてココに突っ込まざるを得ない状況になってきています。

まぁ、実際メチャクチャ大事なことですからね…皆さんにわかりやすく何が問題であるかを明らかにしていきます。今回は初心にかえって…早口を封印して(?)、世界一わかりやすい一般質問に立ち返ります。

問題点を白日の下に晒さねばなるまいて!

あと、議員仲間にお知らせ…現職議員や元職議員が近くにいる人は是非、案内してもらいたいなと思うんだけど…上でも紹介した全国の議員有志で行っているオンラインセミナーで、現職議員or元職議員であればどなたでも参加可能な議員交流会を開催することになりました。

地方議員間のネットワーク構築はこの世界をより良くすることに必ず繋がります!

私が進行担当します…ってか、この画像見てもらったらワカル人は即ワカルと思いますが…私が企画した話なんだから当然だけども。

ちょっと長くなったし…この件の紹介はやはり明日にします。

本日はこんなところで。また明日!

Pocket
LINEで送る

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年生まれ(44歳)。政治を面白くする心意気でブログやSNSで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。臓器提供意思表示推奨。

コメント