3.11に日本一若い保護司と密会。万事まず当事者の声を聞け!

未来拓く、みうらひらくです。
津山市議会議員、三浦ひらくです。

さて、本日で津山市議会3月定例会の質問戦は終了いたしました。今回の議会は年度末ということも関係してか…まぁ色々と見どころがあったような気がします。

津山市教育委員会を両断!親学講座がいかにヤバいかを徹底解明。

2021-03-09

最大の見所は俺の質問だけどね!

騙されたと思って見てもらえたら。

エンタメとしても絶対面白い(特に後半戦)…はず!

この質問内容は今日も沢山の物議を醸したようで…色々とご連絡もいただいているところです。電話やSNS経由、メールなどで沢山のメッセージ等を頂戴していますが、お返事できていない方も多いと思います…申し訳ありません。返事が必要だと感じたものには遅くなってもお返事しますので、気長にお待ちください。

実は今日もスーパーハードでした。

議会は14時半頃過ぎには終わったのですが…15時からは市役所東庁舎で開かれたセミナーに参加。これも一つ記事が書けるくらいに興味深い内容でした。正直、もっとテーマを増やして色んな話をしたいなという印象があったので、さらに時間があれば良いのにと思ったくらいです。

17時過ぎには終わったものの…18時前まで同僚議員と諸々の密談タイム、その後は所用があり岡山市へ。津山市民あるいは岡山市民以外の方には、感覚的にわかりにくいかなと思いますが…往復だけでも3時間掛かるコースです。眠気と戦いながらの運転で…強行軍でしたが、22時からはこれまたzoomでの密会が予定されていたので、大急ぎで行って帰ってきました。

そして22時からの密会のお相手は?

本日のアイキャッチ画像に写っている女性は、恐らく日本一若い保護司。

二人でこんなに沢山話したのは初めてでしたが…予定していた時刻(このブログを書いたり自分自身の事務仕事をするために長くても1時間くらいで終わる予定で考えていた)を超えて、2時間以上も盛り上がってしまった!

彼女について、以前にも当ブログで詳しく紹介させていただいたことがあります。直接会ったことは一回しかないのですが…その際の印象もとても鮮烈でした。自身の凄絶な過去について赤裸々に語ってくださっている様子が動画で残っておりますので、ぜひご覧ください!

最強の武器は人の縁。視察は課題解決のために、仲間を増やす旅。

2020-12-15

中卒・元ヤンから保護司になった女性の壮絶人生「虐待や薬物依存をなくしたい」

今夜まで知らなかったことも含めて、様々な問題の当事者として自分自身が大変な困難や苦しさと向き合いながら…溢れ出る圧倒的なバイテリティーで、一種のカリスマ性すら感じさせるkarmaこと、風間暁さん。

心から応援している、尊敬する人の一人です。

アイキャッチ画像の表情からは想像がつかないかもしれませんが…。

karmaさんの思いと、世界から一つでも多くの理不尽をなくしていきたいという私の根幹部分は同じだと信じています。

私みたいな苦しい生き方をする子どもがこの世から消えてほしいという思いがあります。保護司としての活動も、子どもが10人いれば10通りの対策を作らないといけないと思います。虐待があって非行に走る子どもはとても多いし、非行がなくても依存症に走る人も多い。この啓発をすることで理解を深めて防止に繋げていかないといけない。上記リンク記事より引用)

口先だけではなく…こう言いながら実際に子どもたちとオンラインゲーム上で待ち合わせ、共闘しながらLINEで通話しつつ相談に乗る。

こんなことが実際にできる保護司なんて…日本中にこの人以外にいる?

メチャクチャ凄い人です。

ところで今日、彼女と久しぶりに話すキッカケになったのは…冒頭に紹介した動画内でも散々述べている津山市教育委員会の誤った施策でした。

スマホが覚せい剤と近質?子どもらにトンデモ論を刷り込む津山。

2021-03-10

昨日のエントリーで私は、スマホが覚せい剤と近質などというトンデモ論を子どもたちに刷り込む津山市教委を批判する意図を込めて…アイキャッチ画像にスマホを持つ女性の姿と、注射器やスプーン、ライターなどと薬物を前にした男性のイメージ写真を使いました。

依存症予防教育アドバイザーでもある彼女から、依存症者が苦しい思いをしてしまうから写真を変えて欲しいという連絡を受けるまで…薬物依存症者の方々への配慮が完全に頭から抜けていたことを、告白せねばなりません。

一つの問題に意識を集中し過ぎて、行うべき配慮が足りていなかったことを反省するとともに、こうした連絡をしてきてくれる当事者目線でサポートしてくださる方がいることをとても心強く有難く思うのです。

10年前の今頃は、お互いに…今のような状況にいるなど想像もしなかったなぁという話もしました。つーか、karmaさんはその頃…違法薬物の過剰摂取によってICUに搬送されて意識がなかった(詳細は上記リンク記事を読んでいただきたい)ので、そもそも想像することが出来なかったわけですけども。

明日は何があろうとやってきます…ただ明日も元気で笑顔でいられるか否かは誰にもわかりません。明日も明後日も、その先も…大切な人たちと一緒に、皆がなるべく幸せでい続けることができるように。今の状況をより良く整え、できる限り備えることが政治の仕事

本日はこんなところで。また明日!

Pocket
LINEで送る

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年生まれ(44歳)。政治を面白くする心意気でブログやSNSで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。臓器提供意思表示推奨。

コメント