真庭でドライブインシアター初体験!夢も妄想も実現した者勝ち!

未来拓く、みうらひらくです。
津山市議会議員、三浦ひらくです。

今日の昼まで…今日から三連休だってことを知らなかったのが私になります!

そうだったのか…振替休日だってことを把握しないまま、何も考えずに議員交流会を8月9日に設定してしまった。

今こそ!第2回絶対に新型コロナに感染しない議員交流会を開催!

2021-08-05

まぁ今さら仕方ないけどね!

そんな本日は午前中はそれなりに予定をブチ込んでいたものの、午後からは夕方まで割とゆったり過ごすことができたので…久々に昼寝をしました。

1時間程度でしたが、何だかとても…身も心もリフレッシュできた気がしています。たまにはこういった時間も大切ですね。

そして19時半からは、楽しみにしていた真庭市立図書館のイベントに!

ドライブインシアター!

屋外のデカい場所を活用した映画上映については、4年くらい前の鏡野町の観光協会スタッフだった時代に…恩原高原スキー場のゲレンデのオフシーズンの活用法を検討する中などで、様々な案を提示していました。

津山市でも必ずと言って良いほど欲しい施設ランキングで上位に登場する映画館…そりゃあれば良いよねって話ではありますが…実際にハコモノとして用意するのは今の時代、ナンセンスの極みだと思っています。

そんな恩原高原でのドライブインシアターが昨年、津山JCの皆さんによって実際に成し遂げられたときには凄いなぁと思ったものです。そして真庭市さんでも昨年にも同様の企画を実施されていたのです。先日も触れましたが、アイデアには価値がないってのはまさにこーゆーこと。

人の縁もアイデアも、活用しなければ無意味!あるべき活動姿勢。

2021-08-02

やれないと何の意味もない。

ついでに当時の私が言っていたことの中でも、特に今…それ見たことかと観光業界を見て思う件に触れると…グランピングです。鏡野町はもったいないことをしたなと、本当に残念に思うところです。もう仕方ないけどね。

逆に言えば、やった者勝ち!

津山のグランピング施設、先日ちょっとだけ拝見してきたけど…なかなか素敵でしたぞ!

私が武藤順九先生の教えを受けている間に、会派ツヤマノチカラの仲間である安東議員と田口議員が先に訪れていたのですが…安東議員がすでにブログ記事で紹介してくださっているのでコチラをご参照ください!

さて、話が逸れましたが本日のドライブインシアターについて書かないとね。実は実際に自分が体験するのは初めてでした。会場は勝山運動公園の野球場

場所にこだわりを持って観たい方もおられるため、早い方は開演1時間半以上前から来られるとか…だから開場時間が早かったのか。

当然ですが、上映作品の録音録画は禁止!つーか、そーゆーの基本的には犯罪ですからね!

開演25分くらい前に入りましたが、良い感じに暗くなっていきました。期待が高まります!

去年はドリンク付きだったそうですが…なくても1台1,000円ならお得!そりゃ皆さん続々と来ますわ!

上映終了後は球場のライトも付けて、しっかり誘導していただいて非常にスムーズに帰ることができました。

一言で言えば、とても良かった!

ちなみに映画自体もメチャクチャ良い作品でした。もののけ姫とナウシカ足して2で割ったような作品だなとも思いましたが…コレは非常に良い意味で言っています。ジブリ作品の中でも個人的に2トップ級の超大好き作品なのでね!

ネタバレになってはいけないので、深く言及はしませんが…コロナ禍の中で生み出された作品ということもあってか、色々と別の意味が込められているのではないかと深読みしてしまったかもしれません。

自分自身と異なるものへの恐怖、恐怖ゆえに生まれる迫害、攻撃の対象としてしまうこと…理解できない何かを受け容れられない社会、人間の弱さ…スケープゴートを作ることで扇動していく為政者…親子の絆、友情、キリスト教的な無償の愛…とにかく個人的には、描かれていたものの全てが響く作品でした。

音楽も良かったけどタッチは日本の作品の方が好みと言うか…改めて日本のアニメーション作品のクオリティーの高さを思い知った気もします。

コロナ禍での開催ということも含めて、音声が聞こえているか否かのチェックをライトを点けることで知らせる返事の方法など…随所に工夫が感じられました。入退場案内も非常にスムーズかつ好印象なもので運営の皆さまの気概が感じられました。さらに加えて言えば、参加者のマナーもメチャクチャ良かった気がしています。

ルールを守って鑑賞し、上映終了後にもしっかりと順番を守って帰っていたことが…当たり前なのに素晴らしいと感じてしまう時点で、私自身が少し毒されているのかもしれません。

ともかく、良い体験をさせていただきました!感染の心配をせずに映画を楽しめるように…真庭での夏の楽しい思い出の一つとして心に残る体験になれば…というような思いでこうした企画を実施してくださった関係各位には、本当に感謝!

津山市からも参加していた方々は少なくなかったのではないでしょうか…こうした取り組みを行ってくださること自体、岡山県北部の発展に繋がる素晴らしいこと

アイデアを出すことは何かを生み出す第一歩ですが…やはり実行・実現してナンボ!

実際にやっている人たちを、今後も応援していきます!

本日はこんなところで。また明日!

Pocket
LINEで送る

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年生まれ(44歳)。政治を面白くする心意気でブログやSNSで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。臓器提供意思表示推奨。

コメント