誰がどんな発言をしているか?今こそ津山中が議会に注目すべき。

未来拓く、みうらひらくです。
津山市議会議員、三浦ひらくです。

昨日、津山市議会では一般質問が終わりました。本日は休会となっていますが、15時半からは第4回目の新型コロナウイルス対策本部会議がありました。

春の風物詩…津山さくらまつりの開催内容の変更・中止など、多くのイベントに影響が出ています。そうした情報も津山市から公式サイトや各種SNS経由などで随時発信されていますのでご確認ください。

岡山県在住で高知県に帰省中の方が感染者であると確認されたとの報道が出ていることもあり、さらに皆さまの関心が高くなっている…というよりは心配になっているところだと思います。しかし不正確な情報に踊らされることなく、冷静でいてください。本日は津山中央病院から感染症専門の先生も参加してくださり、具体的対策等について非常に参考になるお話が聞けました。

軽視するわけにはいかないが、必要以上に恐れてはならない。

デマ等に惑わされないようにするため、信頼できる筋からの一次情報以外に惑わされないようにすることの大切さは、昨日の一般質問でも何度も繰り返し述べさせていただいた通りです。新聞紙上でも大きく取り上げていただきました。

市民の関心が今最も高いと言えるこの問題について、津山市としても正確かつ迅速な情報発信に努めてくださるということですので、是非津山市公式LINEに登録されることをオススメします。

今まで3回の対策会議に延べ5人しか参加していなかった議員ですが、昨日の私の登壇質問でのアイロニーを込めた発言が奏功したのか…本日は5人が傍聴。議会で質問するだけ質問して、こうした現場を見ないというのは…何を考えているのかなと思うところです。

(2020.03.09追記:上記会議が開催される案内は全議員に届いていましたが参加は任意、傍聴しかできません。参加必須の会議だったと思わせる意図はありませんでしたが、そう感じられた方もおられたようです。ご迷惑をお掛けした関係各位と読者の皆さまに、誤解を招く表現だったことをお詫びいたします。)

任意ですから参加するしないは自由ですが、個人的にはあり得ない判断です。この対策会議に出ていたらわかること…そうでなくても少し調べたらわかることを議会でわざわざ質問する意味はゼロです。津山市では高給取りに分類されるであろう人間(しかも税金ベース)が集って運営されている議会の場(運営資金も当然税金ベース)で、時間を無駄に浪費するのは、市民の皆さまへの背信行為であるとすら言えるのではないでしょうか。

誰がどうって言うつもりはないけど、そういう議員もいるとは思っています(個人的主観です)。

そうした意味でも議会で何が話し合われているのか…誰がどんな発言をしている、あるいはしていないのか、情報公開は進めていくでべきです。

そのための一つの手段として、津山市では市民の皆さまに政治を…本来は全市民に関係があることである政治を、少しでも身近に感じていただくために、YouTubeで議会の様子を公開しています。

かなり長いのですが…津山市長の施政方針を公開しておきます。これはつまり、谷口圭三津山市長がどんな津山を目指し市政運営にあたっていくかを述べたものです。

全市民にとってメッチャ大切な内容、是非ご覧ください!(赤字部分&動画2020.03.08追加)

私の市議会議員としての任期は2019年5月1日からです。そして2019年6月議会からは、一連の動画は本会議が終わった後も少なくとも4年間は公開しておくことに決定しました。それまで会議録が公開されると同時に削除されていたのです。

会議録はこちらからご覧いただけます。

動画をご覧いただけない環境下の方は会議録をご確認ください。津山市議会事務局までおいでいただければ過去の会議録を実際に手にとってご覧いただけます。また今のところ特段のコストが必要になることではありませんので、動画は4年を経過しても公開しておくべきだと考えていますので…その方向で進めていただくように動くつもりです。

さて、今までも3ヶ月に1度…津山市議会定例会が開催されるたびに動画のまとめを公開してきました。

過去も忘れちゃいかん。

誰がどんな発言をしてきたのか、わかりやすくまとめています…どうぞチェックしてみてください!

津山市議会は多様性に満ちている!足りないと思っているけれど。

2019-12-07

津山市議会9月定例会一般質問終了!全議員の質問を動画で公開!

2019-09-16

津山市議会6月定例会一般質問終了!全議員の質問を動画で公開!

2019-06-29

ってなわけで今回も…津山市議会2020年3月定例会で3月2日〜5日の4日間に行われた全ての議案質疑・一般質問動画をまとめて紹介します。

見ていただければ、三浦ひらくの優しさが伝わると思うぜよ!

繰り返しますが、誰の発言がどうだなどと申し上げるつもりは一切ありません。ただ、最もわかりやすくて面白い質問をしているという自負は持っておりますぜ。

何しろ世界一わかりやすい一般質問って言っちゃってるからね!

ま、人それぞれ…異論は認める!

ただし、文句があるなら対案持っておいで。

より素晴らしい質問に触れることで私自身さらに成長できますし…全員のレベル向上、底上げに繋がりますから…良いことしかないわ。この狭い(面積はかなり広いけど)津山で調子こいていても意味がない。

そしてどう受け止めるか、どう感じるかは主観ですからね…異論を認めないようになっちゃ the end ですよ。そーなっちゃうと、まともにコミュニケーションが取れない。

俺がよく言ってる表現の自由を守るってことの意味は…自分の気に入らない表現も認めていくってことです。

そして”表現しない自由”という自由も認めないとならんね。

表現の自由の意味を履き違えている人は多いですからね…気を付けましょう、お互い!

津山市民以外でも、確実に笑っていただける(失笑・嘲笑含む)こと間違いなしの津山市議会の様子。

今回は会派によっては代表質問という形を選択されたところもあったので、人数は少し少なめ。無所属・無会派で活動している今の私には関係がないことでしたし…率直なところ代表質問のメリットがあまり感じられなかったのですが、初日は3つの会派による代表質問。残りの3日間は個人質問という形でした。

以下、実際の発言順で並べてあります。それではご覧くださいませ。

未来
代表質問者
政岡哲弘
1.市長の施政方針について
(1)行財政改革の取り組み
(2)公立大学
(3)津山駅関連整備
(4)農・林業振興策
(5)住民自治支援策
(6)就労・定住・移住支援策
(7)スポーツ・教育施策

津山自由民主倶楽部
代表質問者
津本辰己
1.施政方針について

公明党津山市議団
代表質問者
広谷桂子
1.市政運営及び施政方針について

岡田康弘 1.作陽高校移転について
2.公民館の利活用について
3.財政構造改革について

金田稔久 1.施政方針と令和2年度予算案について
2.第2期津山市まち・ひと・しごと創生総合戦略について
3.市民の不安を取り除く市政のあり方
(1)新型コロナウイルス対応
(2)土砂災害特別警戒区域等指定について

政岡大介 1.津山八策について
2.B80号線関連道路改良工事について
3.異常気象による防災対策について

秋久憲司 1.市長の施政方針について
2.会計年度任用職員制度について
3.農業用トラクターに関する関係法改正と交通安全について

田口浩二 1.災害時の備えについて
(1)避難所などの施設に関して
(2)連絡手段に関して
(3)備蓄に関して
(4)防災に関して

美見みち子 1.施政方針について
(1)米海兵隊単独訓練
(2)少子化と子どもの貧困対策
(3)障害児施策
2.高齢者の住みよいまちづくり
(1)高齢者の自動車事故対策
(2)難聴対策と補聴器購入の公的助成
(3)公共交通網整備
(4)交通弱者対策
3.市道B080号線道路改良問題
(1)住民監査請求結果について
(2)道路幅員について

西野修平 1.低炭素社会を目指して
(1)里山の整備でマキ、竹を燃料にしCO₂を減らす
2.市民の健康増進でイキイキ社会造り
(1)リズムで多くのスポーツトレーニング、自転車で健康増進

河村美典 1.市長の施政に関わって
(1)みらい戦略ディレクター制度
(2)交通安全対策と道路整備
(3)市民プールと学校プール
2.教育施策について
(1)学校での諸課題をサポートするアドバイザー
(2)ICT機器の整備(「GIGAスクール構想」他)
(3)放課後児童クラブと放課後子ども教室
(4)コミュニティスクール

竹内邦彦 1.施政方針
(1)財政再建と行財政改革
2.教育行政
(1)教育の課題と今後の対策

村田隆男 1.新型肺炎対策
(1)ウイルス感染法
(2)新型コロナウイルス肺炎の感染拡大の対策は
2.健康と福祉のまちづくり
(1)健康づくり活動・高齢者生きがい活動を安全に実施するため公共施設または集会所に「AED」の設置など
3.戸島学校給食への異物混入(金属線状のもの)で過去はどうであったのか
(1)将来はどうなるのか
(2)教育長のコメントを求める

三浦ひらく 1.市民サービス全般
(1)安心・安全を守るための取り組みについて
(2)より快適な暮らしを実現するための取り組みについて
(3)情報発信と受信への取り組みについて

河本英敏 1.老老介護について
2.高倉地内市道のその後について
3.市長の政治手法について

中村聖二郎 1.ひかり学園に関して
(1)理事会と家族の会
2.多様性の尊重
(1)選択的夫婦別姓
(2)パートナーシップ宣誓制度
3.市道B080号線に関して
(1)地権者との関係

松本義隆 1.本市の定年制について
2.退職される職員の今後の津山市に対しての思いは

今回の私の一般質問…まだ議会の最中、最初に届いた感想を紹介しておきます。

今回は、いつもにも増して真面目モードというか、イロモノ感ゼロ、でしたな。災害だとか、情報発信だとかは、もはや十八番感も出てきたし、感染症対策については、なんか鬼気迫るものがあったし、腹を括ってる感じはすごく伝わってきた。あ、髪型とネクタイはイロモノ感あったかな笑

私たちは税金を使って、こんな仕事をしています!

あ…一つだけ付言しておくと、これが議会の全てではないですからね。来週は委員会での議論がありますし、もちろん質問にしても日々の業務の積み重ねである…はず、なのです。

最後に思いをまとめて。

こんな時だからこそ皆さん、政治に注目してください。しっかり仕事をしているか、行政・議会を見てください。そして、不安や不満を届けてください。我々は少しでも改善されるように努めます。

それでは本日はこんなところで。有難うございました!

 

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(42歳)。政治を面白くする心意気でブログやYouTubeで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。

コメント