不正の温床!政務活動費は廃止して、責任は議員個人が負うべし。

未来拓く、みうらひらくです。
津山市議会議員、三浦ひらくです。

本日のテーマはズバリ、政務活動費!

あまりにも不正が横行、センセーショナルに報道されることが多いために悪い印象を持っている人が極めて多い…地方議員に対して政策調査研究等の活動のために自治体から支給される費用のことです。

本来、問題視されるようなものではない”ハズ”です。

ただ、現実は問題ばかり。

政活費の支出、不正あっても返還請求できず 最高裁判決

当ブログでも、この政務活動費に関しては幾度となく取り上げ続けてきています。まだまだあるけど…幾つか紹介しましょう。

みんな大好きお金の話。初めての政務活動費…拓はいくら使った?

2020-04-29

来年度からの政務活動費減額正式決定!全議員の賛否も一挙公開!

2019-12-18

政務活動費での個人広報反対!三浦ひらくは自腹を切ります宣言。

2019-08-07

政務活動費使わず切腹せよ!個人の利益追求に公金注入必要なし!

2018-03-16

スクープ?津山市議会の闇。湯水の如く消える政務活動費の使途。

2018-03-15

当ブログでは常々申し上げていますが…私は政務活動費は廃止すべきだと主張しています。

しかし、そうは言いつつも…?

しっかり使わせていただいてはおります!

政治活動、議員活動、政務活動…そして、選挙活動。

政治家・議員の活動の呼称には様々な表現があり…その意味するところも微妙に異なります。それぞれ重なる部分はあるものの、全てを同一視することは許されません。

政務活動費には線引きが難しい部分もあるので、ぶっちゃけ使い勝手が悪いです…有権者・納税者の皆さまから見てもわかりづらいことこの上ない。何しろ私たち議員の中でも意見が分かれる部分もありますし、地域によっても事情が異なると感じています。

そういう意味でも、廃止が望ましい。先だって議員の資質向上と政務活動費活用策という講習も受けてきました。その場でも休憩時間に講師の先生とトイレの中でまで討論させていただいたのですが…政務活動費は廃止、議員報酬一本化して使途は議員判断で自由化し、責任の所在を明確化すべきです。

議会全体や自治体を巻き込むような話ではありません。

自己責任で動く者、覚悟を持ち取り組め!議員のあるべき姿とは?

2020-07-20

ハッキリ言って、政治資金規正法や公職選挙法など…政治に関わる法律の類については、全国一律のルールが運用されているなんてのは完全に建前で…実際には地方ローカルルールが厳然と存在し、適正かつ公平な運用がなされているとはとても言えません。

とんでもない使い方をする議員については動画内でも言及していますが…制度をどう改善したところで、残念ながら出てきます。

不届き者のせいで、政治や議会そのもの…自治体のイメージが損なわれるのは、理不尽です。

政務活動費の原資が当然ながら公金、税金であることを忘れてはなりません。

そして政務活動費が報酬と決定的に異なるのは、返還義務があることです。

津山市においても残余がある場合には返還しなくてはならないことが条例により定められています。だからこそ無駄に使ってはならないのですが…津山市に限った話ではなく、少なくとも私がかつて市議会議員になる前に市外・県外も含めチェックしたところでは…その使途に疑問を感じる政治家・議員が多いことは、残念ながら厳然たる事実です。

個人的感想ですけどね!

結局、有権者・納税者の皆さまに胸を張れるような使い方が出来るか否かです。

昨年度は19万円弱をお返ししています。今後も不要額が出た場合には返還します足りない場合には自腹を切ってでも活動していきます。

いずれにしても、必要な活動を控えるようなことはしません。

何度か告知させていただいている件ですが…津山市では令和2年度の8月から、つまりは今月中に…28人の津山市議会議員の昨年度の政務活動費の使途についての報告書等を領収書を含めた収支とともに、公開いたします!

使途の透明化は…政治・議会への信頼回復とともに、開かれた議会の実現にも繋がると期待できます。

そして公開により、不正を働くことのないように注視していただくことで…本来果たすべき役割に邁進することが出来ます。

つまり皆が幸せになる方向性であると確信しています。

全国的に情報公開は進めていく方向が示されていますが、正直まだまだ。

なぜなら情報公開に関して、ルールを策定するのは政治家・議員自身だからです。

人は自分自身に甘くなるものだからこそ、性善説に基づいた施策には反対します。私自身の気を引き締めていくためにも…先に触れたように皆が幸せになっていくためにも、ご意見はいつでも寄せてやってください。

本日はこんなところで。また明日!

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(42歳)。政治を面白くする心意気でブログやYouTubeで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。

コメント