文句ばかり言っている彼が、人生で最も感動したコンサートとは?

未来拓く、みうらひらくです。

ヒトノフリミテワガフリナオセ、みうらひらくです。

 

 

考えるな、感じろ!

しかし感じるためには、見るなり聞くなり触れるなりせねば

いくら頭で考えてみても無駄。

体験してみないと理解できないことはいっぱいあるぜ!

 

 

想像力が大切なのは間違いないけど、想像を超越してくるものは世の中にいっぱいある。

ないと困る。

 

 

たとえ話を一つ。

楽器演奏なんて何一つまともにできないにもかかわらず…恥ずかしげもなく経歴に元ミュージシャンなんて書いてしまう私。

 

 

まぁ元フリーターってのもかなりのものだが。

元ニートって表現は取材記者をも含む周囲全員に止められ、結果的に痛み分け(?)的に中途半端な言葉をチョイスしてしまった。

中途半端ほどダサいものはない。

どっちの意味でも判断ミスだった。

 

 

話逸れたけど、音楽好きなのです。

だからこそ仕事にしたかった。

ずっと中途半端に業界にしがみついて生きておりました。

ライブだとかコンサート的イベントにも行ったものでした。

 

 

 

昔はハードロックとか…ハゲしいのがお好きだった。

ありがち。

バンドマンは皆…超絶プレイヤーに憧れるテクニック至上主義的時期が長短の差こそあれ、あるのではないかしら。

そんな仲間内で、自分は比較的幅広いジャンルの音楽を聴く方ではあった。

メロディちゃんとしてないのは嫌いだったけど。

 

 

ちなみに今でも一番好きなバンドはドリーム・シアターだと言えるだろう。

日本で一番好きなバンドはと尋ねられたらバービーボーイズだと答えるだろう。

一番好きなボーカリストはアラニス・モリセットですな。

日本人だと宇多田ヒカルですな。

 

 

そんな私だが…人生で最も感動したライブはズバリ、ユーミンである!

 

 

当日いきなり関係者からチケットもらって、たまたま行けたから行っただけ

しかも同様に全く興味がない男と二人で

彼も音楽好きだったが俺とは方向性が全く違い、ダンスクラシックだのモダンジャズだのを好み、レコードを山ほど持っていた。

あの頃はトランスが云々言っていたな。

 

 

音楽以外では話が合う超イイ男なんですが…ユーミン何それ美味しいの?ってレベルだったはず。

…さすがに言い過ぎ?

しかし全く興味がなかった2人が、終盤は立ち上がりノリまくりであった。

当時の俺らを知る人間なら、その絵には噴き出すだろう。

 

 

ユーミンの偉大さを語るためのエントリーではない。

要するに、知らないものはまずは知ろうぜってこと。

 

 

私は知りたくないの!

そっか…それなら仕方ない。

それは君の自由だ。

目も耳も塞げば良いさ。

 

 

でもさ。

だったら口も塞いどけや。

 

 

見もしねーし、聞く耳も持たねーし、全く理解しようという姿勢すら見せない…そう、お前さんのことだYO!

それでもあんた…文句だけは一人前に言うんだな。

ご立派なことで。

 

 

それでは本日はこんなところで。

また明日!

 

コメント