さぁ忖度するか、我を通すか?明日は今年度初の議会活性化調査特別委員会!

未来拓く、みうらひらくです。
津山市議会議員、三浦ひらくです。

さて、今日も一日忙しく飛び回りました。本当は事務作業的な仕事も沢山溜まっているし…早いところ何とかしないとならない課題も山積しているのですが、疲れ果ててうっかり寝落ち。そんな場合にでもまぁ体が睡眠を欲しているときには眠った方が良いよねと前向きに捉える自己肯定感の塊のような私であります。

議会とは直接的には関係のないように見られがちな仕事に注力することが多かった最近ですが、実はそうでもないのだということは今後追い追い証明していくとして…明日は議会活性化調査特別委員会全員協議会が開催されます。

活性化より必要なのは改革。議会活性化調査特別委員会で委員長として提案したこと。

2022-03-17

前回の委員会では委員長なのに進行そっちのけで個人的な思いを思いっきり喋り過ぎた感がありましたので…場が少々紛糾した印象もあります。しっかりと反省すべき点は反省した上で経験を生かしつつ、貫き通すべきところは貫いて、本当になすべきことしていかねばならないのが当然の役目だと理解していますので…委員の皆さまの意見も斟酌して集約しながら、委員会全体で良い方向に持っていけるように、努めていきます。

ある程度の方向性を決めるところまで持っていかないと、残り任期の約1年間の間には何もできないので…しっかりと具体的な内容を示せるように差配していきます。

責任重大だけど楽しみ!

やりがいしかないポイントなので、ブチかましてきます。

何しろ議会改革は私が議員になって取り組みたいことの第一歩でしたから。その役割を担う委員会において、最も影響力の強い委員長の任を1期目の途中から務めさせていただけることとなった好機は必ず生かしていきます。

本日はこんなところで。また明日!

Pocket
LINEで送る

三浦 ひらく

三浦 ひらく -PROFILE-

1978年岡山県津山市生まれ(43歳)。政治を面白くする心意気でブログやYouTubeで取り組みを公開中。LINEスタンプも好評発売中の相棒ひらくマと、世界をより暮らしやすく楽しく変えるための活動に日夜ハゲむ。選択肢の多い社会実現を目指す岡山県津山市議会議員(1期)。政治も手段の一つ。地域振興、観光、マイノリティー支援。表現の自由。インフルエンザ脳症撲滅。

コメント